まぶたに合わせて施術する

女性

目で印象が変わる

目の二重整形は他の美容整形の中でも美に直結しているものと言えます。日本の人は第一印象や美しさの指標の重点を目に置きがちです。日本の顔文字と外国の顔文字を見比べると日本のほうが目の形のバリエーションが豊かなのがその表れとも考えられます。人に良く見られたいとか、綺麗な印象を持ってもらいたいと考えた場合、目へ矛先を向ける人が多いのです。一重の人が二重に整形する場合、まぶたを切ってひだやラインを作る方法が前までは一般的でしたが、今では切らずに二重を作る方法も進出してきています。切る方法よりも費用が抑えられ、身体への負担も少ないので人気を集めている方法です。その方法は、医療用の細い糸をまぶたの上に当てて留めるのが特徴です。糸の端は外から見えない位置に埋め込んで固定するため、周囲からは施術がバレず、仕上がりも自然になります。皮膚を切らない分、術後の腫れやむくみは少なくなり、回復が早いのもまたメリットとなっています。費用は受診するクリニックによって異なりますが、切開する方法の約半額になります。また、術後に何かしらの理由で元の目に戻したくなっても、留めていた糸を切ることで復元できる可能性があるのもこの方法の大きな特徴です。二重整形の方法は大きく分けて2パターンです。切るか切らないか、という2つのパターンのどちらを選択するかで決まります。切る治療は切開法と呼ばれ、まぶたの一部を切り、中の余分な脂肪を取り除いて医療用の糸で二重を作る仕組みとなります。切らない方法が確立された現在では、主に腫れぼったくて分厚い一重のまぶたの人に用いられます。切らない方法だと脂肪が邪魔になってうまくラインが描けないなどの不都合があるのです。また、部分切開法と全切開法に分かれており、費用は部分切開のほうが安く抑えられます。次に切らない方法ですが、これは埋没法と呼ばれています。文字通り医療用の糸をまぶたに埋め込むだけなので、切らない分出血が少なく、ダウンタイムが短期間で済みます。しかし先述したように余分な脂肪が多く分厚いまぶたをしていた場合、この方法は利用できないことがあります。埋没法でも充分効果が見込める場合は、埋没法でも自然な二重に仕上げられるでしょう。クリニックの値段設定にもよりますが、全切開法に比べて埋没法は約半額程度の費用になることが多いです。予算上、あまり高額な医療費を払えない人にとっては、埋没法はやや手を出しやすい整形方法なのではないでしょうか。

Copyright© 2018 二重整形の施術によって費用が変わる【自然な仕上がりになる】 All Rights Reserved.