切開法と部分切開法

医者

医師の診断を仰いで

印象的な目元に憧れる女性は多いもので、美容整形手術では二重整形が根強い人気を保っています。特に糸でまぶたを留めるだけの埋没法は、ほとんど顔に傷を付けずに済み費用も手頃なことから、高い支持を得ている二重整形です。しかし、糸が取れるかもしれないというリスクは伴います。そのようなリスクの心配がないのは切開法で、術法は全切開と部分切開の2種類から選ぶことが可能です。この2つはまぶたを切開する長さが違い、全切開は目と同じくらいの幅を、部分切開はその二分の一から三分の一くらいの幅を切開します。まぶたに脂肪が沢山付いている人やまぶたの皮膚が多く余っている人は、切開したときに余聞な脂肪や余剰皮膚を除去できるので、全切開が向いています。部分切開でも脂肪の除去が可能ですが、十分に取ることは難しいです。反対にまぶたに厚みがなく脂肪も少なく、ラインの幅を広くしない場合は、部分切開でもいいでしょう。部分切開と全切開は切る幅が違うにも関わらず、一般的に費用は変わりません。それならば最も高い二重効果を得られる全切開の方がメリットが大きいのかと言えば、必ずしもそうとは言い切れません。部分切開のメリットとしては、ダウンタイムが短い点が挙げられます。埋没法にするか切開法にするかで悩む人は多いものの、二重整形のことを熟知している医師の診断を仰ぐのが賢明です。例えばまぶたの分厚い人が埋没法を行うとすると早い段階で糸が取れてしまう可能性がありますし、平行の幅広二重に整形したい人が部分切開を行うとすると早い段階でラインが取れてしまう可能性があります。せっかく整形手術をしても、効果が短期間で失われてしまったら、支払った費用が無駄になってしまいます。まぶたの状態や希望の二重デザインを考慮しつつ、患者の意思を尊重して、最適な方法を考えてくれる医師を選ぶといいのではないでしょうか。それだけでなく、手術のリスクやデメリットについても説明をしてくれる医師が適切です。また医師にはダウンタイムや二重完成時についての説明はもとより、左右差が出る可能性についてや不自然なラインになる可能性についてなどの注意点も説明する義務があります。一般的に費用が抑えられている埋没法ですが、クリニックによっては切開法と変わらないくらいに設定しています。より取れにくい埋没法を考案して実践していることがうかがえるものの、一生取れないような言い方は医療法に触れる可能性があるので、患者側も利用に注意が必要です。

Copyright© 2018 二重整形の施術によって費用が変わる【自然な仕上がりになる】 All Rights Reserved.