自分に合った施術を選ぶ

カウンセリング

まぶたの状態を確認しよう

二重整形の中でもメスを一切使用しない埋没法という施術法は、負担が少なく手軽として年代・年齢問わず人気です。埋没法にかかる費用は平均すると約8万円前後と、10万円以下で施術を受けられるというリーズナブルさも魅力となっています。メスを使いまぶたを切開し縫合することで二重のラインを作る切開法は、約20万円から25万円程度の費用がかかるため、安く費用を抑えたいなら埋没法がおすすめです。ただ、埋没法の平均相場の8万円という金額はあくまで平均値で、糸の結び方が特殊な方法や固定する数が多くなると金額は跳ね上がります。基本的な糸の結び方以外にクリニックによってはオリジナルの結び方を開発し、より二重のラインが取れにくいような工夫を行っています。また糸を留める数によって1点留め・2点留め・4点留めと呼び方が異なり、数が増えれば増えるほど金額もアップします。リーズナブルなイメージのある埋没法ですが、まぶたの状態によっては特殊な結び方をする必要や、留める箇所を多くする必要が出てくるようです。このような状況になってしまうとプチ整形の埋没法でも、20万円程度の費用がかかってしまう恐れがあります。場合によっては値段が跳ね上がってしまうケースもあるという点は、埋没法を受ける上で覚えておきたいポイントです。二重整形にはプチ整形の埋没法とメスを使う美容整形の切開法という、2つの施術法がありますが理想の目元にするためには、どちらを選ぶのが良いのでしょう。施術方法は医師と話し合い決めるのが1番大切なことですが、まぶたの状態によって向いている施術・向いていない施術とがあります。例えば、まぶたの皮膚や脂肪はそこまで厚くないという人の場合は、埋没法でもキレイな二重のラインを作ることは可能です。埋没法はまぶたの皮膚を医療用の糸で、まぶたの中に輪を作るようにして留めることでラインを作るという施術法となっています。まぶたの皮膚や脂肪が厚い人だと時間の経過で糸が外れてしまい、元の状態に戻ってしまう可能性があるのです。もし、まぶたの皮膚や脂肪が厚く腫れぼったい目元だと感じている場合は、メスを使う切開法がおすすめです。切開法はまぶたの皮膚を切って余分な皮膚や脂肪を除去した後、縫合して二重のラインを作るという施術を行います。いらない部分を取り除いてラインを作るので、目元がスッキリするのはもちろん作ったラインは、ほぼ半永久的に取れません。費用は埋没法と切開法とで大きく異なるものの、美容整形で理想の目元になりたいのであれば、自分に合った施術法を選ぶということが大切です。費用面だけで施術法を選んでしまいがちですが、二重整形の場合はまぶたの状態によって向いている施術が異なります。

Copyright© 2018 二重整形の施術によって費用が変わる【自然な仕上がりになる】 All Rights Reserved.