自分に合った術法を

男性医師

まぶたの脂肪は2種ある

一言で二重と言っても、良く見ると人によって形状が違います。日本人は目頭を覆う皮膚に当たる蒙古ひだが発達している人が多く、形状は末広タイプに当たります。自然な仕上がりになるため、二重整形で長く人気が続いていた形状です。しかし、近年ハーフっぽい顔立ちに憧れ、まぶたのラインと二重のラインがほぼ平行の平行タイプを希望する人が増加していると言われています。二重整形には埋没法と部分切開法、全切開法があり、費用が安いのは埋没法です。手頃な費用に加えて、ダウンタイムが短いこともあり、最も人気がある術法は埋没法となっています。埋没法は糸で留める術法なので、糸が切れることも緩むこともあり得ます。人によって効果持続期間は違いますし、左右差が生じる可能性もゼロではありません。特に平行タイプを希望する場合は、全切開法を選ぶのが最も安全な方法と言えます。まぶたに脂肪が多い人が埋没法や部分切開法で平行タイプにした場合、重みでラインが取れたりずれたりする可能性が高いからです。余分な脂肪は切開すると同時に取り除くのが理想で、適切な量を取り除けるのは全切開法となります。末広タイプにする場合は、埋没法でも長持ちする可能性はあります。でも半永久的な効果を得たい場合は、部分切開法か全切開法の方が安心です。まぶたの脂肪には眼窩脂肪とROOFがあり、後者はまぶたの皮膚に付随している脂肪です。眼窩脂肪は柔らかい脂肪なので小さい穴からでも引っ張り出すことが可能ですが、ROOFは少し硬くてまぶた全体に張り付いているため、大きく切開して引き剥がす作業が必要です。部分切開法の定義は特になく、メスで切る幅はクリニックによってまちまちで、5mmというところもあれば1.5mmというところもあります。もし眼窩脂肪のみを取り除くのなら、部分切開法と同時に行うのが可能かもしれません。でも、ROOFを取り除くには3cmほど切開する必要があるので、全切開法が適当です。なお、まぶたが腫れぼったいという人の多くはROOFが発達しています。部分切開法と全切開法の二重整形費用は同じか、差があっても5万円ほどです。相場は25万円、脂肪除去する費用は含まれているクリニックが多いです。一方、埋没法の費用はクリニックによって幅があり、切開法と変わらないくらいに設定しているところも見られます。せっかく二重整形を行うのであれば、理想の形を手に入れたいところです。そのためには脂肪除去や目頭切開、目尻切開などを組み合わせる必要があるかもしれません。まずはカウンセリングで医師に相談してみるといいでしょう。

女性

まぶたに合わせて施術する

二重整形には切る方法と切らない方法があります。切るよりも切らないほうが身体への負担は軽減され、費用も抑えることができます。しかし、まぶたが分厚い場合は切るしかない場合もあるので、ケースバイケースで治療法を選ぶことになります。

詳しく見る

顔に触れる女性

理想の目を手に入れるには

二重整形は、今やとても人気のある手術です。費用が安く、施術が簡単、手軽に受けられる一方でその効果は大きく、コストパフォーマンスに優れています。また、整形に関しては術後のケアも重要です。丁寧なアフターケアによって、美しいラインが定着します。

詳しく見る

カウンセリング

自分に合った施術を選ぶ

二重整形の埋没法は施術費用が安いですが、まぶたの状態によっては金額がアップすることがあります。理想の目元を作るためには、埋没法か切開法か自分に合った施術を選ぶということが大切です。埋没法はまぶたの皮膚や脂肪が薄い人に向いています。

詳しく見る

医者

切開法と部分切開法

二重整形の内、特に埋没法は昔から根強い人気のある手術です。費用は手頃ですが、糸が取れるリスクは避けられないので、切開法や部分切開法を選ぶといいかもしれません。でも一番良いのは、まぶたの状態を見て適した手術を考えてくれる医師を探すことです。

詳しく見る

Copyright© 2018 二重整形の施術によって費用が変わる【自然な仕上がりになる】 All Rights Reserved.